Diet
​ダイエット

ダイエットをする為には、「筋肉量アップ」「脂肪燃焼」が重要です。
加圧トレーニングは、軽い負荷にもかかわらず

ハードなキツイ運動をしなければ働かない筋肉まで鍛えられるので、

筋肉量アップに高い効果があります。
 

脂肪燃焼を行う為には、脂肪を燃やしやすい状態にする

「脂肪分解」が大切なポイントになります。中性脂肪を遊離脂肪酸と

グリセロールに分解しないと、貯蓄された脂肪は中々燃焼しません。

加圧トレーニングの際に、大量に分泌される成長ホルモンが脂肪分解を促す効果があります。よって、加圧トレーニングと有酸素運動を組み合わせれば、

効率的に脂肪を燃焼させる事が出きるので体のラインも変わり、サイズダウンします。

 

Strength and physical strength up

筋力・体力アップ

通常、筋肉量を増やす為にウエイトトレーニングをする際は、大きい負荷(最大筋力80%)を筋肉にかけ、長時間行わなければなりません。
しかし、加圧トレーニングで効率よく筋力アップする為には「短時間」「低負荷」、そして適度な「休養」が条件となります。

加圧トレーニングで適度に血流を制限し運動すると、極めて軽い負荷(最大筋力の20%~30%)にもかかわらず、大きい負荷をかけてハードな運動をしているのと同じ状態になる為、短時間で筋肉を疲労させる事ができ筋力アップが可能となります。そして加圧を継続的に行っていく事で、体力がつき疲れにくい体へと変化していきます。

 

Stiff neck and cold
肩こり・冷え性改善

肩こりにはさまざまな原因がありますが、長時間の不良姿勢や精神的ストレスから「筋肉が緊張し、慢性化すると痛みが生じる」という事があげられます。

このことから身体に負担がかかると自律神経が乱れ、身体を緊張させる交感神経の働きが優位になります。すると血管が収縮し血行が悪くなる為、筋肉内へ酸素が運ばれにくくなり、肩こりが慢性化していくことになります。

そして冷え性は、エアコンなど空調設備の使用や運動不足などで、血行不良となり、血液が体の末端までいき渡らなくなる事が続く事で起こります。 

加圧トレーニングで、「加圧・除圧」を繰り返し血管の拡張と収縮を人工的に作り出す事で「血管の弾力性」が蘇ります。 すると、血液を送り出すポンピング作用が回復し、循環が良くなり、今までいき渡らなかった毛細血管の隅々まで、酸素を含んだ血液が巡るようになり、 継続的に行う事で、肩こり・冷え性などの不快な症状が緩和されていきます。

 

Beautiful skin anti-aging
美肌・アンチエイジング

効美容や健康面で注目を浴びている「アンチエイジング」という言葉は

ご存知でしょうか?
 

意味は、エイジング(老化)に、アンチ(対抗)するという事です。
いつまでも【若くありたい!キレイに歳を重ねたい!】と思うのは、女性だけではなく男性、高齢者、若者、すべての方に共通するのではないでしょうか。

加圧トレーニングをすると、通常時の290倍の「成長ホルモン」が分泌されるという研究結果が出ております。この成長ホルモンは、「若返りホルモン」とも呼ばれており、お肌の再生力をアップさせるだけでなく、皮膚の弾力性を高め、更には肌のハリツヤを取り戻してくれます。

ラウレア ロゴ_影.png

© 2021 Laulea suport.All rights reserved.

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。
本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です